パセドウ病(パセドー病)
パセドウ病(パセドー病)

パセドウ病(パセドー氏病)の原因

パセドウ病(パセドー氏病)の原因

 

パセドウ病(パセドー氏病)の原因について紹介します。パセドウ病(パセドウ氏病)の人の原因は、簡単に言えば甲状腺ホルモンが大量に分泌することによって症状が起こるといわれています。パセドウ病(パセドー氏病)の原因は今でもわかっていません。


パセドウ病(パセドー氏病)の原因が自己抗体が関係していると言われているのですが、これもはっきりわかっていないようです。自己抗体って何かと言うと、本当は、自分の体外から入ってくる菌やウィルスを無害にする抗体と呼ばれるものですが、菌が入ってきていなくて、体はなんともないのに、その抗体が作用してしまうのがパセドウ病(パセドー氏病)の原因ではないかといわれています。


甲状腺が腫れるとあまりよくあにって私も聞いたことがあるのですがパセドウ病(パセドー氏病)の原因はわかっていないし、軽い症状だったらわかりにくいので結局パセドウ病(パセドウ氏病)とわかるまで時間がかかるみたいです。原因不明で何の病気かもわからないのはつらいですよね。


パセドウ病(パセドー氏病)の治療

パセドウ病(パセドー氏病)の治療

 

パセドウ病(パセドー氏病)の治療について紹介します。パセドウ病(パセドー氏病)の治療は大体三つの方法があるといわれているそうです。薬物治療と、放射性ヨード治療と手術と言う三つの方法によってパセドウ病(パセドウ氏病)は治療して行きます。この三つのいずれかの方法を行えば完治することも可能のようです。


パセドウ病(パセドー氏病)の治療の方法の中で、薬物治療によって直ることが出来る人というのは患者の中の30パーセントと言われているので意外と薬物治療の効果は低いと思いますね。薬物治療が適応しなかった人は放射性ヨード治療や手術を行えば治るようです。よくパセドウ病(パセドー氏病)になると薬を飲み続けていかないといけないと思っている人もいるようですが、そんなこともないのですね。


パセドウ病(パセドー氏病)の治療の方法はお医者さんが決めるのですが、その決め方は、病気の進行具合やその患者さんの年によっても、変わってくるみたいです。お医者さんだけで勝手に決めるのではなく、相談しながら決定するようです。


パセドウ病(パセドー氏病)に薬物治療

パセドウ病(パセドー氏病)に薬物治療

 

パセドウ病(パセドー氏病)の薬物治療について紹介します。パセドウ病(パセドー氏病)の治療は患者さんに合わせて決められるのですが、薬物治療が合う人というのは、年齢は特に関係ありませんから、小さい子供さんから年配の方まで対象になります。また、妊娠中にパセドウ病(パセドー氏病)にかかってしまった人でも薬物治療なら受けることが出来るようです。


またパセドウ病(パセドー氏病)の薬物治療が合う人というのは、病気や甲状腺の腫れ具合が比較的軽い人も薬物治療で効果があるといわれています。パセドウ病(パセドー氏病)の薬物治療のメリットは、簡単に治療が出来ますし、毎日の生活の中で治療が出来ます。


逆にパセドウ病(パセドー氏病)の薬物治療のデメリットというのは、なかなか治りにくいということや、治療する期間が長いこと、そして人によっては副作用が出てしまうと言うことのようです。簡単に出来るけど、やっぱりデメリットもあるんですね。でも妊娠中の人でも治療が出来るのは嬉しいですよね。


パセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬

パセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬

 

パセドウ病(パセドー氏病)にかかっているときに、パセドウ病(パセドー氏病)の治療方法の一つである薬物治療は、妊娠中でも行うことが出来るといわれています。妊娠中や赤ちゃんにおっぱいを上げるときというのは、なかなか薬を飲んでもいいのか心配ですよね。パセドウ病(パセドー氏病)にかかっている人は妊娠中や赤ちゃんにおっぱいをあげていても薬を飲むことは心配ないようです。薬の心配よりも、パセドウ病(パセドー氏病)によって、甲状腺ホルモンが高いほうが心配しないといけないようです。


パセドウ病(パセドー氏病)になっているときには、やはり妊娠中であれば、お母さんのからだも、胎児の体にも何かしら影響が出てくると言われています。また、パセドウ病(パセドー氏病)にかかっている場合は妊娠もしにくくなりますし、妊娠中の場合だと早産や流産することもあるようです。また、胎児にもパセドウ病(パセドー氏病)が胎盤を介してうつるようですから注意が必要です。


パセドウ病(パセドー氏病)のチェック

パセドウ病(パセドー氏病)のチェック

 

パセドウ病(パセドー氏病)は自分でセルフチェックできると言うので、ちょっとチェックしてみてパセドウ病(パセドー氏病)にかかっていないか自己チェックしてみるのもいいかもしれません。


最近疲れやすくないですか?また倦怠感はありませんか?これはパセドウ病(パセドー氏病)の自覚症状の一つだと言われていますよ。また、体重が急に増えたり減ったりしていませんか?急に食欲が出てきて沢山食べるのに、体重が増えないと言うことも症状の中にはあるようです。また、手足が震えたり目の球が飛び出てしまったりというのも、パセドウ病(パセドー氏病)の症状でよくあるものだそうです。


他にパセドウ病(パセドー氏病)のチェック項目を簡単に挙げていきますが、体がかゆくないか?イライラしたり、神経が不安定なことはないか?髪の毛が抜けたり、下痢が続いていないか?体力や筋肉の力が落ちたりしていないか、生理が不順になっていないかなどがあげられます。もしも自分で気になる点があったら病院へ行ってみてもらったほうがいいかもしれませんが症状によってよってはすぐにパセドウ病(パセドー氏病)と診断されずに原因不明と診断されることもあるようです。