パセドウ病(パセドー病)
パセドウ病(パセドー病)
トップページパセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬パセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬

パセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬

パセドウ病(パセドー氏病)の妊娠と薬

 

パセドウ病(パセドー氏病)にかかっているときに、パセドウ病(パセドー氏病)の治療方法の一つである薬物治療は、妊娠中でも行うことが出来るといわれています。妊娠中や赤ちゃんにおっぱいを上げるときというのは、なかなか薬を飲んでもいいのか心配ですよね。パセドウ病(パセドー氏病)にかかっている人は妊娠中や赤ちゃんにおっぱいをあげていても薬を飲むことは心配ないようです。薬の心配よりも、パセドウ病(パセドー氏病)によって、甲状腺ホルモンが高いほうが心配しないといけないようです。


パセドウ病(パセドー氏病)になっているときには、やはり妊娠中であれば、お母さんのからだも、胎児の体にも何かしら影響が出てくると言われています。また、パセドウ病(パセドー氏病)にかかっている場合は妊娠もしにくくなりますし、妊娠中の場合だと早産や流産することもあるようです。また、胎児にもパセドウ病(パセドー氏病)が胎盤を介してうつるようですから注意が必要です。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔