パセドウ病(パセドー病)
パセドウ病(パセドー病)
トップページパセドウ病(パセドー氏病)の原因パセドウ病(パセドー氏病)の原因

パセドウ病(パセドー氏病)の原因

パセドウ病(パセドー氏病)の原因

 

パセドウ病(パセドー氏病)の原因について紹介します。パセドウ病(パセドウ氏病)の人の原因は、簡単に言えば甲状腺ホルモンが大量に分泌することによって症状が起こるといわれています。パセドウ病(パセドー氏病)の原因は今でもわかっていません。


パセドウ病(パセドー氏病)の原因が自己抗体が関係していると言われているのですが、これもはっきりわかっていないようです。自己抗体って何かと言うと、本当は、自分の体外から入ってくる菌やウィルスを無害にする抗体と呼ばれるものですが、菌が入ってきていなくて、体はなんともないのに、その抗体が作用してしまうのがパセドウ病(パセドー氏病)の原因ではないかといわれています。


甲状腺が腫れるとあまりよくあにって私も聞いたことがあるのですがパセドウ病(パセドー氏病)の原因はわかっていないし、軽い症状だったらわかりにくいので結局パセドウ病(パセドウ氏病)とわかるまで時間がかかるみたいです。原因不明で何の病気かもわからないのはつらいですよね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔